イチオシの電話代行サービスを選んで業績アップ!

電話代行サービス・電話代行業比較TOP » 電話代行業者(秘書代行業者)の選び方 » コストパフォーマンス

コストパフォーマンス

秘書代行・電話代行サービスを選ぶときに基準となるコストパフォーマンス。どんな点に注目したらいいかなど、利用のポイントを解説します。

コール単価とサービス内容のバランスが重要

電話代行サービスを選ぶときの基準として大切なのが、コストパフォーマンス。継続して利用することになりますから、低料金であることは非常に重要なポイントです。しかし、安さにばかり目を奪われてしまうのも考えもの。

秘書代行に限りませんが、単に格安なだけで選ぶのではなく、基本料金に含まれるサービス内容をしっかりと確認することが肝要です。いくら安くても、サービスが良くなければ時間を無駄にしていることと同じだからです。チェックポイントは、コール単価とサービス内容のバランスを見極めること。なによりも「コストパフォーマンスが高い」業者を見極める必要があるのです。

コール単価とは、電話代行の月額料金を、設定されたコール回数で割って算出したもので、1回のコールにかかる費用をさします。このコール単価が安く、かつサービスも充実している業者こそ、優良業者といえます。ここでは、コール単価が安く、サービスの種類も多い電話代行業者を3社紹介しましょう。

コストパフォーマンスおすすめ業者3選

  ハートフル
コールセンター
CUBE電話代行 ベルシステム24
格安コース スタンダードプラン
コール単価:100円
100コール/10,000円
標準プラン
コール単価:150円
100コール/15,000円
メッセージコース
コール単価:150円
100コール/15,000円
サービス内容 ●オペレーターのスキルが高く、マニュアルどおりではない対応が可能。
●事務的になりすぎない、自然な対応が好評。
http://www.heartful.cc/
●月10,000円~「英語対応プラン」を利用できる。
●オペレータのレベルが丁寧だと好評。
http://www.cube108.jp/
●オペレータの教育プログラムを組んでいる。
●普段からモニタリングとフィードバックを実施。
https://www.bell24.co.jp/ja/