イチオシの電話代行サービスを選んで業績アップ!

電話代行サービス・電話代行業比較TOP » 電話代行とは?導入の前に読んでおきたい基礎知識 » サービス内容とオプションの種類

サービス内容とオプションの種類

秘書代行や伝言対応など、電話代行業者の各種サービス・オプション内容について説明します。

秘書としても使える電話代行サービス

電話代行業者では、各種さまざまなサービスが用意されています。業者によって色々と違いはあるものの、基本的なサービスの概要を把握しておくことで、実際に導入する際に比較検討しやすくなります。

まず第一に、電話代行会社のサービスは「インバウンド」と「アウトバウンド」の2種類に大別できることを知っておきましょう。インバウンドとは、受信業務をさし、不在時の対応やクレームの一時対応、受注や受付などが含まれています。

これに対してアウトバウンドは、発信業務を意味し、会社から顧客へのセールスやアフターフォローなどの働きかけをさします。当サイトでは、おもに代表的なインバウンドのサービスを紹介したいと思います。

基本対応

社名、氏名、連絡先、用件などを聞き取りします。電話代行の一般的なサービスで、どの業者でも行われています。

貴社名対応

店舗名や屋号で先方と応対し、基本対応の内容を聞き取ります。こちらも電話代行の基本的なサービスです。

秘書代行・伝言対応

顧客からのコールに社名で対応し、帰社予定時間などのほか、外出時には特定の顧客への伝言も伝えることができます。スケジュールを事前に伝えておくことで、対応可能になります。

電話番号の貸し出し

業者によって貸し出している番号はさまざま。フリーダイヤルはもちろんのこと、東京03局の番号がレンタル可能な業者もあります。電話番号を使いこなすことで、ビジネスチャンスが拡大すると言われています。

受付代行・受注代行

ネットショップや通販などの受付・受注を行います。業者によって大規模なコールセンターから個人ECサイトまで、対応している範囲はさまざま。

クレーム一次対応

クレームを一次的に対応し、電話による業務の妨げや社内でのクレームかき消しを防ぎます。クレームの電話によって、業務が妨げられないようになるなどのメリットがあります。